「なみのり甲子園」の撮影に行ってきます

中学生がひとりでアメリカ西海岸にホームステイ&サーフィン留学に行くと聞いて、彼の本拠地「東浪見 志田下」を訪ねたのが2018年7月でした。

そのときに友人たちと一緒にライディングする写真を撮って、彼らにプレゼントすると……当人はもとより、お母さんやサーフショップの方々まで喜んでくださって……(^^)v

よく考えると、自分のライディングしている姿を、自分じゃ見られないのがサーフィンというスポーツ。僕がジャーナリストとして活動している「バイク」と一緒です。

ならば、カッコいい写真をたくさん撮って、サーフィンの上達に役立ててもらったり、ブログや待ち受け画面に使ってもらいたい。そうやって「サーフィンライフを充実させてくれたらなぁ」と思って、東浪見 志田下で写真を撮るようになったわけです。

しかも、今回、冒頭の中学生のお母さんに誘われたのは、なみのり甲子園 2018第1回全国高等学校サーフィン選手権! 2020年東京オリンピックのサーフィン会場(東浪見 志田下)で、高校生たちが腕を競うなんて、素晴らしいじゃないですか。

というわけで、若人たちに負けないように、僕も撮影を頑張ってきます。写真は専用サイトからダウンロードできます。本当は無料で差し上げたいところなんですが、撮影交通費として、いくばくかの撮影料をいただけたら助かります m(__)m

なみのり甲子園」

高校生たちの素晴らしい戦いを楽しみにしています♪